自己処理で悪循環な毎日

32歳 ななこ さんの体験談

 

つい、2年前までムダ毛は自己処理をしていました。
家電量販店で、脱毛器を購入して処理をしたり、カミソリや毛抜きで地道に処理をしていました。
脱毛器はソイエを使っていました。水洗いが出来る物など2台ほど購入しました。

 

脱毛器を使っていた時は、処理をする時に下に新聞紙を敷いて時間にすると1時間以上はかかったと思います。
処理後に新聞紙に溜まったムダ毛を見て満足感はありましたが、やってもやっても生えてきますし、毛穴が目立つ様になりました。

 

パイナップルローションがいいとネットで調べてドラッグストアで購入をして使用してみましたが、特に変化もなく毛穴が赤くヒリヒリと目立つ様になってしまいました。
脱毛器を使用した後でも、抜けていないムダ毛がまだあると気になってしまい、カミソリや毛抜きでも処理をしていました。

 

カミソリで処理をする時は特にクリームは使わずボディーソープを使用していました。
カミソリで処理をしても次の日には、チクチクとムダ毛が生えてきてそれを毛抜きで抜いたりで、毎日終わりなく日課のように自己処理をしてかなりのストレスになっていました。

 

ドラッグストアでムダ毛のケア商品を見て脱毛シートも使用した事があります。
ムダ毛は確かに抜けますが、時間も、お金もかかるので1回でやめました。

 

シートについていワックスのような物が洗ってもベタベタして使いにくかったです。
匂いも臭かったです。

 

そんな、自己処理を10年以上続けたせいで、足は汚くなり、スカートやショートパンツは履けませんでした。
汚い足を見せるなら暑くても長いパンツを履いて足を隠していました。

 

プールや海に行く時は、毛穴を隠すために出かける前に足にファンデーションを塗ったりしたぐらいです。
毛抜きを使うとムダ毛が皮膚の中に埋没されてしまい、押し出さないと出てこなかったり、針で刺して引っ張り出したりしていました。

 

皮膚の中に薄っすら長いムダ毛が見えると抜きたいという衝動に駆られ、抜けるまで肌を傷つけていたので、どんどんムダ毛に対する悪循環に陥りました。